ミツマメパーラー

.。.:*・゜全力でぶっ潰す.。.:*・゜・*:.。
<< わたしと黄金週間'16 | main | ボトルガム有能 >>
舞台「刀剣乱舞」を見てきたはなし
タイトル通りのはなし。
5/7に舞台「刀剣乱舞」で初めての舞台観劇を体験してきました。

暇を極めて始めた刀剣乱舞が舞台化されるなんて話を知ったのは全てのチケット先行販売が終了した頃でした。一般も試したもののあえなく失敗。人気作品であることに加え、超人気若手舞台俳優を集めたまことに尊いキャスティング(らしい)ということもありチケット入手困難だということを知ったのも同じ頃でした。
なんてことをムックのライブ開演前の待ち時間によねさんに話したら、いろいろあってチケットを譲ってもらえることになりました。なにそれ。
そんなこんなで小中高の芸術鑑賞教室を除いて人生初の、自分でお金を出してチケットを買って行く舞台観劇。

先のスパコミの時と同様、初めてのことなので舞台観劇マナーについて調べました。ぬいぐるみを持っていくだとか、後ろの人が見えないような髪型にするだとか、そのような恐ろしいことはするはずもないので別段問題なさそう。若手俳優ファンの知人からは「とりあえず椅子に背中をくっつけて座ること」と言われたのでそれだけを心に留めて行くことにしました。
俳優さんについてはほぼほぼノータッチ。鶴丸役の染谷俊之さん(そめさま)の名前と顔をちょっと知っているくらい。自宅に発生した蜘蛛に名前をつけて一緒に暮らしていることを知っているくらい。なにその事前情報。
会場のTHEATRE1010は駅を出てすぐの場所だったので迷うことはありませんでしたが、北千住に行くまでに電車の乗り換えを間違えました。恐ろしい...。

当日の座席は下手側最前列でした。なにそれ。
ホールのライブだったら普段潰しているような列の座席です。ステージとの距離は1m程度しかありません。なにそれ。
通路を使った演出があるとのことで、荷物は椅子の下か膝の上に置くように指示がありました。開演時刻を10分ほど過ぎて会場BGMが変わり、スタート。

最初の場面は本能寺の変で森蘭丸が戦うところでした。早速フロア通路を通って時間遡行軍が駆けてくる。そして1mの目の前で行われる殺陣の演技。あまりの迫力に思わず目をつぶってしまいます。失敗したらきっとわたしの顔に剣が飛んでくる...。
これについては時間が進んでいくにつれ慣れてきたのですが、危険の及ばないギリギリのところまで出てきて剣を振るう役者さんのプロの仕事には感嘆しきりでした。
その後場面変わって刀剣男士たちの登場。しかも歌い踊っている...あれ、こういう感じでいくの?ミュージカルの方と変わりないのでは?と思ったのですが、オープニング・エンディングのみ歌い踊る演出があるだけでした。
曲調もキラキラ華やかでキャッチーだった刀ミュと比べ、ずっしりと重く格好良い雰囲気。演者6人の刀ミュに対して刀ステの方は12人ということもあり、アンサンブルキャストを含めステージ上に並ぶ人数の面でも迫力がありました。

本編は織田信長の刀(織田組)を中心にした物語。8割が織田組と本能寺の変をめぐるシリアスパートで、内番や燭台切光忠特製おやつのシーンなどコミカル要素は残り2割くらいという感想です。
刀ミュと同じく元の主にまつわる物語ということで話の流れは似たようなものでしたが、立場の異なる織田組の刀剣男士たちそれぞれが背負ってきた過去、各人にとっての織田信長とはどんな人物であるか、に迫って展開していく深みのある物語でした。

華やかなエンディング、3回?のカーテンコールで終演。うっかりパンフレットとブロマイドを購入するわたし。


そして後日、大阪千秋楽公演のライブビューイングにも参加してきました。舞台はもちろん、普通の音楽ライブについてもこのような鑑賞形式でのイベント参加は初めてだったのでどんなものかと思いましたが、これがなかなか。
7日の観劇ではどんなにステージが近い座席にいても演者の表情をはじめ舞台の全て見るのは難しい、という感想を持ったのでより細やかな演技を見ることができる機会を経て、より作品を楽しむことができました。
ただし当然、自分が特別に注目して見たいもの全てが画面に映るとは限りません。一度は会場まで足を運び、見るものを選びながら観劇することができて良かったです。

ヴィジュアル系の追っかけ以外の人生経験が乏しいわたしですが、この機会に新しい世界を見ることができました。やはり流行り物には乗っておくべきだと。
その後の出演者の動向についてはあまりアンテナを張っていませんが、以前より興味を持つことができたのでたまにチェックするようになりました。

そんなかんじで。明後日はまた人生初のミュージカル観劇です。
0
    | ニッキ | 05:23 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 05:23 | - | - |










      CALENDAR
      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      SELECTED ENTRIES
      ARCHIVES
      CATEGORIES
      RECENT COMMENTS
      PROFILE
         web拍手
      LINKS
      OTHERS
      SPONSORED LINKS